カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ


2017 モイプラース シュナンブラン ブッシュヴァン

シュナンブラン100%。WO:ステレンボッシュ、ボテラリー地区。2haの畑は乾燥しておりOakleafタイプの土壌。ブッシュスタイルで栽培されたシュナンブランのみを使用。台木:リヒター99。樹齢46年のヴィエーユ・ヴィーニュ。海抜280mでボテラリーの西斜面。貴腐のない完熟シュナンブランのみ選果し、除梗・破砕後、数時間スキンコンタクトさせ、清澄させた後に野生酵母により自然発酵(特定の酵母を加えない)させる。 alc: 13.90 ph: 3.46 rs: 1.80 ta: 5.50

2017 モイプラース シュナンブラン ブッシュヴァン

価格:

2,916円 (税込)

[ポイント還元 145ポイント〜]
購入数:

在庫

24本

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ワイナリーは、ステレンボッシュのボテラリー(Bottelary)地区にあります。ぶどう畑の歴史は、1704年にまでさかのぼり、当時この畑をHazendalと称して所有していたChristoffel Haazewinkeは、その一部を1800年代に Jan Christoffel Bosmへ売却し、Mooiplaas(美しい畑という意味)名乗るようになりました。1963年にNicolas Roosが譲り受け、1981年へと息子であるLouis Roos(ルイス ルー)へ世代交代してから、モイプラースとしてワインがリリースされました。日本への初出荷は2003年 にさかのぼり、ソービニヨンブラン、ピノタージュ、 カベルネソービニヨンが輸入されていましたが、中断を余儀なく されました。そして、2017年よりシュナンブランを皮切りに、 再上陸を果たしました

色調はほんのりと黄金色を感じる淡いイエロー。ブレープフルーツや黄色いりんご、かりんなどのコンポートのような果実香に、ライラックやスイカズラの花、ミネラル香、ほのかに蜜蝋の香りなどが華やかに調和。味わいはまろやかで、柔らかな果実味から、しっかりとした酸味が広がり、シャープな印象を与えながら、余韻に長くフレッシュ感を残す。ブール・ブランを添えたヒラメの蒸し煮などに。(田崎真也 氏:ヴィノテーク2018 1月号)

ページトップへ